木星舎HP > 鍵をかけないケア

            • atb.pdf

鍵をかけない.jpegゆうにゆうにまあるくまあるく

  書籍名さ   鍵をかけないケア 
  グループホームさわやかテラスの取り組み
  著者名   山城裕美
  定価   ¥1,380  +(税
  発売日    2017/05/15
  ページ数    A5判/並製/160ページ
  ISBNコード   ISBN978-4-901483-93-3
  在庫状況   在庫あり 

内容紹介


「あるがままに 楽しく ゆったりと」
この家訓を守り、守られながら入居者とともに歩いた16年。
笑って、泣いて、叱られて汗を流して、手をつなぐ……。
鍵をかけないケアの実践、認知症ってなんだろう。
人として向き合った時、世界はこんなにも豊かになる。


「あんたたちは家でご飯を食べる時間が決められとるとね」

食事や入浴の時間など、何もかも施設側が決め、安全確保と称して拘束する。
それが常識であった介護保険が始まった年に、大手スーパーという異業種から参入し、
介護にサービスという概念を持ち込み、入居者とともに生活をつくろうとした代表の平山。
当時、介護の素人であった平山の型破りにも見える目標を、開設当初から介護の専門職として支えてきた著者。
超高齢社会の日本が抱える、〈認知症〉という課題に取り組んだ軌跡を泣き笑いのエピソードとともに語る。

介護職だけでなく、認知症に関わるすべての方必見!