木星舎HP > 考えよう!生と死のこと

            • atb.pdf

考えよう生と死表紙カバー4.jpg考えよう! 生と死のこと

  書籍名   考えよう!  生と死のこと
--基礎から学ぶ生命倫理と死生学

  著者名   波多江伸子、寺田篤史、脇 崇晴
  定価   ¥1,400  +(税
  発売日    2016/9/20
  ページ数    A5判/並製/112ページ
  ISBNコード   ISBN978-4-901483-87-2
  在庫状況   在庫あり 

内容紹介


すべての生きものは、生まれ、そして死にゆく。
医療・科学の発展、社会の変容。誕生から死に至るまで、我々は、
様々な倫理的問題を問いかけられている。
いま、我々が直面している「生と死」に関する問題を最新のデータ
とともに、わかりやすく解説する一冊。

=======================================================================================

第1章 生命倫理の基本概念
 1-1 生命倫理の基本概念
 1-2 インフォームド・コンセントの考え方
第2章 いのちの始まり
 2-1 生殖補助医療
 2-2 いのちの選別
第3章 いのちのひろがり
 3-1 臓器移植
 3-2 臓器移植の未来
第4章 いのちの終わり
 4-1 死を学ぶことは生を学ぶこと
 4-2 看取りの場 看取りの方法
 4-3 グリーフケア・グリーフワーク
 4-4 自  殺
 4-5 安楽死・尊厳死
 4-6 死刑と裁判員制度
 4-7 動物のいのちを考える